【家で内職】桜皮の張付け加工の仕事内容や単価など

主婦がお金を稼ぐ方法とは? > life > 【家で内職】桜皮の張付け加工の仕事内容や単価など

【家で内職】桜皮の張付け加工の仕事内容や単価など

桜皮の張付け加工は樺細工と呼ばれ、実際に白樺など樺類の樹皮ではなく桜の樹皮を利用して作られており、手文庫や茶筒など味わい深い風情が近年人気を高めています。秋田県の伝統工芸品でかつては武士の内職によって生み出されていましたが、近年ではスマートフォンのケースなどにも使われ人気が急上昇したこともあって、現代の内職でもつくられるようになって来ました。仕事内容は材料となる桜の樹皮を製品サイズに合わせて裁断して水で湿らせて、熱したコテを当てることで蒸した上で良くしごいて樹皮に柔軟性を与えます。樹皮の表面を包丁などで削るなどして色合いを均一にして行きツヤも出します。薄く削った桜皮に細工がしやすいようニカワを塗って乾燥させ、製品の型に合わせて巻きつけて二百度ほどに熱したコテを押しつけて型に合わせて整えて行き、サンドペーパーや砥の粉などで仕上げを行います。熟練の技が必要なため、製品の種類やデザインにもよって異なって来ますがスマートフォンケースなど凝ったデザインの桜皮の張付け加工では単価が数千円となり、アクセサリー類でも高単価の製品が散見されます。とは言え普及品の茶筒等では原料支給で千五百円から千六百円程度とされ、時給換算すると千円ほどとも言われています。


【家で内職】桜皮の張付け加工の仕事内容や単価など関連ページ

【家で内職】シールド線端末加工の仕事内容や単価など
プリント基板同士を接続するハーネスやプリント基板と電源ユニットなどのハードウェア...
【家で内職】桜皮の張付け加工の仕事内容や単価など
桜皮の張付け加工は樺細工と呼ばれ、実際に白樺など樺類の樹皮ではなく桜の樹皮を利用...
【家で内職】塗箸加工の仕事内容や単価など
塗箸加工の内職の仕事では、特にムラがないように塗る必要があるので、これまでプラモ...